プロフィール

Photo : Frederik Froument

ジャンミッシェル キム

    

 1989年東京に生まれる。9歳からピアノを始め、東京音楽大学付属音楽教室を経て東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コースに学び実技優等賞を得て卒業。パリ国立高等音楽院ピアノ科に審査員満場一致で入学。学士課程においてDNSPMを取得卒業。2013年ピアノ科修士課程および室内楽科修士課程をともに修了。2015年ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院ピアノ科博士課程卒業。2017年スコラ・カントルムのピアノPerfectionnement科において最優秀の成績を修め審査員特別賞を授与され卒業する。

 これまでにピアノを、海老原直美、長尾洋史、横山幸雄、ジャック・ルヴィエ、オルタンス・カルティエ=ブレッソン、テオドール・パラスキヴェスコ、室内楽を上田晴子、声楽伴奏をアンヌ・ル・ボゼック、ソルフェージュを土田英介の各氏に師事。

  第59回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第3位、2013年ブレスト国際ピアノコンクール(フランス)第2位、2014年第4回BDNESリオデジャネイロ・ピアノ国際コンクール(ブラジル)セミファイナリスト、2017年第11回ラニー国際ピアノコンクール(フランス)で第1位。

 高校在学中より注目を集め、2005年東京音楽大学交歓演奏会では同級である辻井伸行とモーツァルトの二台ピアノのためのソナタを演奏、パリ国立高等音楽院入学後も度々帰国し、2010年ショパン生誕200年記念国際交流演奏会で京都御苑内白雲神社、清水寺で演奏するほか、東京文化会館小ホール、トッパンホール、浜離宮朝日ホール、サントリー小ホール、王子ホール、カザルスホール、音楽の友のホール、杉並公会堂などにソロ、および室内楽にて出演。2015年には第一生命ホールにてモーツァルトのピアノ協奏曲17番をフラットフィルハーモニーオーケストラと共演する。

 ピアノ・オン・ヴァルワ音楽祭、モン・ドール音楽祭、5à7音楽祭、シャロッス音楽祭、ナンシーフォニー音楽祭、パリ・ショパン協会主催ブーローニュ・バガテル公園オランジュリーのショパン・フェスティバル、2014年アンヌ・ケフェレックの推薦によりサントンジュ音楽祭、2017年にはオルタンス・カルティエ=ブレッソンに招かれラ・プレ音楽祭で世界的クラリネット奏者であるニコラ・バルデルーとブラームスのクラリネット・ソナタを共演し絶賛されるなど、フランス各地の音楽祭に招かれている。また、パリ・フィルハーモニーホール、プティパレ・オーディトリウム、ホテル・ド・モナコ、ナンシー市庁舎ほか、フランスにおいても度々演奏の機会を得ている。

 室内楽では2010年ヴァイオリンの對馬佳祐(つしま・けいすけ)とデュオを結成、2014年第10回リヨン国際室内楽コンクール(フランス)でThierry Pécou氏の作品を演奏し最優秀現代曲演奏賞を受賞。日本、フランス、ベルギーの各地において精力的に演奏を続け、このデュオにより2016年からバンク・ポプュレール財団の奨学金を得た。また現代音楽の演奏にも力を注ぎ、2013年東京文化会館小ホールで開催された土田英介個展で、「ヴァイオリンとピアノの為のラプソディ」を演奏し好評を博し、2016年パリ国立高等音楽院主催によるアンリエット・ピュイグ=ロジェのオマージュコンサートでは女史の作品、歌とピアノによる「3つの俳句」をメゾソプラノのブレンダ・ポパールと共演。

 現在パリ国立高等音楽院修士課程においてアンヌ・ル・ボゼックの歌曲伴奏科に在籍し、ドイツ・リートの権威、ハルトムート・ヘルのマスタークラスにも参加するなど、フランス歌曲、ドイツ・リートを始めとする歌曲の世界に魅せられ研究を重ね、多くの歌手と精力的に共演。歌曲作品への深い理解に加え、繊細な音色とタッチ、卓越した演奏技術はすでに歌手からの厚い信頼を得ており、ソリストとしてのみならず歌曲伴奏ピアニストとしても多くの舞台で活躍している。

© 2018 Jean-Michel Kim pianiste.com